医療費控除の対象となるケース

医療費控除の対象となるケース

医療費控除の対象となるケース 医療用かつらは、抗ガン剤など副作用で脱毛症が発生する治療を受けている時に使用するアイテムで、女性を中心に多くの人が使用しています。明るい場所で近くから見てもかつらとは思えないほど精巧なものも開発されており、見た目を気にすることなく治療に取り組めるので健康面でもメリットを享受できます。

なお、医療用かつらの値段は数万円~数十万円とかなり高額で、しかも医療費控除の対象には基本的にはなりません。何故なら、義手や義足とは違い直接的に医療目的で製造されているものとは言い切れないからです。このために、誰でも使用できるわけではなく、ある程度経済的に余裕がある人しか利用できないという点がデメリットと言えます。

ただし、医療用かつらも医療費控除の対象となるケースが全くないというわけではありません。具体的には、医師の指示に基づいて購入した場合には該当するとされています。これは頭部を保護しなくてはならない状況になったために、治療に不可欠と医師が判断したケースです。

医療用かつらは医療費控除の対象にならない?

医療用かつらは医療費控除の対象にならない? 脱毛症や抗がん剤治療などで髪が抜け落ちてしまった患者の心を支える医療用かつらは、自然なヘアスタイルや快適な付け心地など高品質なため、購入費用は高額となりがちです。
そこで医療かつらを購入する場合、医療費控除の対象にならないかと考える方もいることでしょう。
しかし、今のところ、医療費控除の対象となるのは診察費や薬代など、いわゆる治療のために絶対に必要となる費用のみとなっています。また義手や義足などリハビリで直接、使う道具となりますので対象です。
一方、医療用かつらは直接的に治療と関わるものではありませんので対象外となります。
中には医師の判断で医療用かつらが必要だとされ、控除の対象として認めてもらえるケースはあります。
その場合も本当に必要かどうかという厳しい審査が行われますので、医師の判断があっても認められなければ対象外となってしまうのです。
ただし、自治体によっては公的健康保険では対象外ですが助成金として一部補助金を出してくれるところもありますので、自分の住んでいる地域がそうした取り組みをしていないのかを調べてみるとよいでしょう。

新着情報

◎2018/5/8

医療費控除の対象となるケース
の情報を更新しました。

◎2018/3/2

医療用かつら用の「髪の毛寄付」
の情報を更新しました。

◎2018/1/16

温度の変化には耐えられる?
の情報を更新しました。

◎2017/10/5

医療用かつらの使い方
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

選ぶ時に気をつけるべき点
の情報を更新しました。

◎2017/7/7

サイトを公開しました

「ウィッグ 保険」
に関連するツイート
Twitter